店舗デザインで重要な導線について

店舗デザインの基本形 UIとUX

小売店などパターン化した導線が特徴的 / 店舗デザインの基本形 UIとUX / 相互利益になる導線をデザイン

お店の外側エリアの真ん中には冷蔵ドリンクエリアがあり、ジュースやお茶などと共にお酒も置いてあるのが特徴です。
奥側にはお弁当や調理済みの総菜などを置いてあります。
コンビニのレジの付近には軽食やおでんなどがあり、近年ではセントラルキッチンで仕込んだ物を店舗で調理することが人気になっているのです。
こうした店舗のレイアウトは長い期間研究をして決められており、効率的で導線を考えた構造になっております。
店舗デザインのキーワードになるのは導線であり、機能的に優れた論理的な組み合わせになるのです。
スーパーマーケットを例にすれば、冷凍食材エリアや冷蔵食材エリアなどが合理的に分類されており、初めて来るお客さんでも迷わずにお目当ての売り場まで到着出来るような配慮がされております。
現在こうしたユーザーにとって分かりやすく時間的な節約になり、従業員が商品を並べやすいなどのメリットのある配置をUIやUXと呼び積極的に導入されているのです。
UIやUXは店舗デザインの基本形であり、ユーザーインターフェイスやユーザーエクスペリエンスの略語になります。
分かりやすい外観とサービスをユーザーと共有し、相互利益に結び付ける概念なのです。

091124NHKプロフェッショナル 店舗デザインのプロ片山正道さん 完→客の動線作りのポイントと面白い店作りの様に感動、予算に余裕があれば依頼したい

— 佐藤 勝彦(TANREN_CEO) (@jrpj2010) April 25, 2010