店舗デザインで重要な導線について

相互利益になる導線をデザイン

店舗デザインではイメージカラーやロゴなども大切でありますが、顧客の利用のしやすさなども同時に大切であり企業側が考えてゆかなければなりません。
小さな店舗では迷うことはないかもしれませんが、大きなショッピングモールなどではお目当ての場所に行くのにも現実的に迷うこともあります。
出入口付近に案内板やパンフレットを設置したり、ガイド役や警備員を常駐させることも店舗デザインのサービスの一環になるのです。
誰でも使いやすく相互利益になることが、導線をデザインする上で守らなければいけない項目になります。
店舗デザインにおいて重要なことはPOPや案内板なども重要だと言われており、おもちゃ売り場を一目でわかりやすくするためにイラストを看板にしたり、果物エリアを目立たせるために大きな果物のオブジェを置くなど、企業ごとに工夫を凝らして店舗デザインをしているのです。
絶対的な正解はないために、時代性や地方性などを活用して背景にしながら工夫を加えることが重要になります。
例えとしてスーパーマーケットを使いましたが、このような視点で買い物をしてみると企業努力を見つけられるのです。
飲食店でも食料店でも、衣料品店やホームセンターなどでも同様に多くの工夫がされているのが発見出来ます。

小売店などパターン化した導線が特徴的 / 店舗デザインの基本形 UIとUX / 相互利益になる導線をデザイン